AJCCの審議

先週のAJCCの審議はかなり話題になっていますね。
正直、私もトラスワープの単勝をがっつり持っていましたし、レースを観終わった瞬間に、「新ルールでの降着一発目だな」と思ってパドックに引き返しましたが、アナウンサーが勝ち馬の名前やベリーの名前を連呼していたので、「おかしいな ?」と思っていたら、しばらくしてからの放送で「申し立てがあったので審議します」とのこと。

おいおい、審議のランプも点かないとか意味が分からへん。あれで審議にならないなら何が審議になるのかわからないでしょ。

その後の決定放送ではやはり降着はありませんでした。その内容にも納得がいきません。

「普通に走っていても着順が入れ替わらないと判断しました」

いや、明らかに差せたでしょ。手応えは相当あったし、あれだけブレーキ掛かって2着をキープ、更にダノンバラードとの差を詰めていたわけだから。

まあ終わったことなので仕方がないです。大野騎手も明らかにダノンがササってきているわけだから、もうワンテンポ追い出しを待って外でも良かったかなという気はします。

まあ、このルールに沿って買うとなると、悪癖があっても脚がある馬を買った方が良いということでしょう。あと、ラフプレーに強い騎手も有利になると思いますので、その辺りも買いやすくなると思います。

ルールはルールなので、競馬予想家としてはそのルールにのっとって馬券が当たるように予想をしていきたいと思います。

古澤秀和の競馬予想トップページ

Share on Facebook
このエントリーをはてなブックマークに追加
はてなブックマーク - AJCCの審議
Post to Google Buzz
Bookmark this on Yahoo Bookmark
Bookmark this on Livedoor Clip

阪神競馬場の馬場 | 競馬予想のポイント

阪神競馬場は芝コースが今週からコース替わりとなります。Aコース→Bコースという変化です。

昨年の傾向を見ていると、Aコース時は今年と同じく前が有利な馬場、Bコースに替わると差しが決まり始めていました。昨年のこの週に行われた阪神カップは、1着~3着まで全てが差しと追い込みです。今年も同じような流れだけに、同じような傾向が見られるかもしれません。

この様な馬場の変遷を見極めて、対応して良い馬券を獲るのが古澤予想の真骨頂です。逆に読めてない時はダメなのですが、最近はレース数を絞ることでかなり改善されてきました。

現在5日連続プラスですが、1日でも長く続けられるように、また1円でも多く勝ってもらい、私自身も勝てるようにしていきたいと思います。

今週は土曜日が阪神、朝日杯フューチュリティ―Sが行われる日曜日は中山競馬場に行く予定です。もちろんパドックから直前の生きた情報をお届けいたします。

朝日杯は大器コディーノをはじめ、良いメンバーが揃ったので楽しみです。現地から良い情報を送れるように頑張りますので、是非古澤の競馬予想をご利用ください。

古澤秀和の競馬予想トップページ

Share on Facebook
このエントリーをはてなブックマークに追加
はてなブックマーク - 阪神競馬場の馬場 | 競馬予想のポイント
Post to Google Buzz
Bookmark this on Yahoo Bookmark
Bookmark this on Livedoor Clip